日本初上陸の画期的矯正システム。ローフリクション舌側矯正

2011.11.25

みなさま、こんにちは、院長の永田です。
本日、フランス発、日本初上陸の、画期的なシステムの講習会に行って参りました。

従来歯の表面に付けるローフリクションシステムにはデーモンシステムやクリッピーCなどがありましたが、今回日本で初めて紹介された舌側に装着するローフリクションシステム。今後の普及を期待しています。

舌側(ぜっそく)に患者様専用に作成した専用装置をつけるのがリンガル矯正ですが、今回注目すべき点はセルフライゲーションシステムになっており、治療時間の大幅な短縮と治療期間の短縮が図れる上に痛みも少なくなっています。つまり見えないだけでなく、患者様の負担を大幅に軽減できるというわけです。

永田矯正歯科では、皆様にとって、快適に、そして少しでも早く矯正治療を行うため、ローフリクション、ローフォースでの矯正治療を行って参りました。

永田矯正歯科が得意としていますのは、セルフライゲーションブラケットを使用する矯正治療です。
永田矯正歯科の90%以上の患者様が装着されています。
代表されますのは、デーモンシステム、クリッピーCですが、これは、従来からの金属の装置より、見た目がよく快適です。

デーモンシステム、クリッピーCなどセルフライゲーションの矯正について

しかし、どうしても見えてしまいます。。。。
歯の表に装着するため、仕方がないのです。

目立ちにくく患者様負担も少ない矯正装置ですが、歯の表面に装着するのでどうしても見えてしまいます。

見えない治療法として、歯の裏側に装着する治療は、以前からありましたが、様々な問題点がありました。
術者は扱いやすいが、患者様は不快である、快適性は高くても術者の時間がかかる、トラブル解決のため航空便でドイツに送る必要性があるなど、決め手に欠ける物が多かったのです。

しかし今回、日本に初めて導入された方法は、術者も扱いやすく、患者様も快適、トラブルがあった際にも術者が慣れればカバーできそうなシステムです。

デーモンシステムのリンガルバージョンと言えるでしょう。

CAD/CAMを使用し、フルオーダーメードのブラケットを作成し、ロボットがふさわしいワイヤーを作成するのです。

それが「ハーモニー・リンガル CAD/CAMシステム」です。

これがあれば、ある程度まで、機械的に治ります。治療期間の短縮になります。
しかし、大切なのは、ドクターの診断能力です。
このシステムが、日本に正しく普及すれば良いなあと願っております。
永田矯正歯科:永田 裕保

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ