アソアライナー、インビザラインと抜歯

2011.11.02

抜歯しなければ治らない患者様の場合、アソアライナーやインビザラインのみで最後まで治す事は、装置の特性上難しいと言えます。

取り外しできる装置のみでは、歯を抜いた大きなスペースを移動させますと、傾斜しやすいのです。傾斜しないように様々な工夫を行いますが難しいです。

そこで、部分的に固定式のブラケットとワイヤーを併用する事が多いです。

永田矯正歯科ではどのようにしているか、基本的に抜歯が必要な場合、アソアライナーやインビザラインを選択せず、リンガル矯正か、表からデーモンクリアー、クリッピーCでの治療を行っております。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ